2017年09月12日

OT協会誌2017年9月号掲載 連盟便りより【岡山県作業療法士連盟 設立記念式典を開催いたしました】

岡山県作業療法士連盟 設立記念式典を開催いたしました。


                    
日本作業療法士連盟 副会長 
                    岡山県作業療法士連盟 会長 二神雅一

  
平成29年4月18日(火)、国内では9番目となる岡山県作業療法士連盟が発足しました。7月29日(土)、倉敷市民会館にて設立記念式典・記念講演会が開催され、85名の出席をいただきました。
20170729_岡山県連設立記念式典_会場全景.jpg   20170729_岡山県連設立記念式典_集合写真_控室.jpg

 式典では橋本岳厚生労働副大臣をお招きして、「今後の社会保障制度と作業療法士に期待する事」と題して記念講演を頂いたほか、(一社)日本作業療法士協会・中村春基会長と日本作業療法士連盟・杉原素子会長にご出席いただき、協会活動と連盟活動の役割をテーマに対談を行いました。
20170729_岡山県連設立記念式典_対談1.jpg  20170729_岡山県連設立記念式典_二神副会長.jpg

 橋本副大臣の講演では、他職能団体の連盟活動の成果に触れ、連盟として活動することの意義を再確認しました。

20170729_岡山県連設立記念式典_橋本先生.jpg

 また、対談で取り上げられた組織率は、県連盟も直面する課題です。高い理想を掲げていても、小さな声を大きくまとめ、現実の政治プロセスに反映することができなければ、それを果実として手にすることはできません。
 私たちは、(一社)岡山県作業療法士会と両輪となって、一人でも多くの同志の参加を募りながら、県下の作業療法の振興のために邁進していきます。
20170729_岡山県連設立記念式典_集合写真_檀上.jpg


posted by 日本作業療法士連盟 at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 連盟便り

2017年08月18日

OT協会誌2017年8月号掲載 連盟便りより【倫理的文化を育む】

倫理的文化を育む

sugihara.jpg


                      
日本作業療法士連盟 会長 杉原 素子



 
衆議院議員 豊田真由子氏の一連の言動に関わる騒動には驚いた、というより複雑な心境である。
日本作業療法士連盟は、これまで氏の政治パーティに積極的に支援し、応援してきた。それは、氏の経歴が厚生労働省老人保健局に在籍していたことや「リハビリテーションを考える議員連盟」の事務局次長の任にあり、私たちの職種への理解者と考えたからである。

また千葉県船橋市出身ではあるが、埼玉県和光市・新座市・志木市・朝霞市の地方選挙区に舞い降り、この選挙区にたまたま私は居住し、最寄りの駅前で氏がビラ配りしている際に、何回か挨拶を交わし、地元の支援者の集まりにも個人的に参加してきた関係でもあった。

 
氏のこの度の言動は、ピンクのスーツを着て女性色を振りまきながら、丁寧な言葉づかいで軽やかに支援者の周りを走り回る氏の姿との落差の大きさに驚く。また、相手を卑下する言葉の数々が氏の頭の中に一杯積め込まれていたことにも失望する。氏の教育歴・学歴は実に輝かしい。
しかし、今回の出来事は、氏の知・情・意のバランスを40数年のこれまでの生活期間に整えることができなかったということなのだろう。私は、日本作業療法士連盟会長として、氏を私たちの理解者と考え、氏の政治パーティに複数回出席してきた。現時点で、連盟の公のお金を氏の政治活動のために供与したことを悔やむ。連盟会員の皆さんに、私の理解者選びの判断の誤りを深くお詫びする。

 
私は立場上、リハビリテーション専門職に「職業倫理」の話をすることが度々ある。ヘルスプロフェッションと呼ばれる私たちの職種は、職能団体として倫理綱領、倫理指針なるものを有する。そこには、謙虚であることを基盤として、慎重且つ常に自分の利益より、他人・集団・組織・社会の利益を優先させる意志を持つこと、つまり「公の精神」と、利害関係・感情・立場の相克の中で適正な判断をすること、つまり「公正さ」が掲げられており、「公の立場」で働く者の最低限の約束を守ることが定められている。今回の出来事を反面教師として、国の資格の下に働く私たちは、「公の精神」と「「公正さ」を肝に銘じ、私たち専門職集団に「倫理の文化」を育てていきたい。

 
さて、政治家が政治資金を集めるために開催する政治パーティは講演付と講演が付かないタイプがある。講演が付かないタイプは、派閥の重鎮や議員たちが代わる代わる壇上に登り、パーティ主催者の業績等を褒め上げる挨拶が繰り返されるものである。一方で講演付のパーティは自身が講演する場合もあるが、大抵の場合はテーマに関する専門家を呼び、弁当付きで話を聴かせてくれるものである。私のこれまでの経験では、専門家の話を聴く後者の方が、質問が許される場合もあり、学べるという印象がある。政治パーティは全て後者のようにしてほしいとずっと思っている。因みに豊田真由子氏の政治パーティは代わる代わる議員たちがお互いに褒め合う挨拶会のタイプであった。

posted by 日本作業療法士連盟 at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 連盟便り

2017年08月08日

OT協会誌 7月号掲載 連盟便りより【国会議員の質問に思うこと】

2017/06/12

「国会議員の質問に思うこと」    
石川県責任者 澤 俊二

201707_澤俊二.jpg

理学療法実習地で2人の学生が命を絶たったことに対し、平成28年3月と5月に阿部智子衆議院議員が、理学療法等の臨床実習の在り方等について国会議員として質問主意書を議長に提出したことは記憶に新しいところである。臨床実習に関わる全ての関係者に激震が走ったのではないだろうか。質問を受けて、安部晋三内閣総理大臣は「・・・・今後、理学療法士等学校養成施設の養成カリキュラム全体の見直しを行う中で検討してまいりたい。」と答弁書を送付している。そして、平成29年6月から、PT・OTの養成教育カリキュラム全体の見直し(指定規則および指定ガイドライン)検討会が開かれようとしているが、検討会の召集は1年近く遅れたといわれている。

● 右の質問主意書を提出する。平成二十八年五月三十日  提出者 阿部 知子 
衆議院議長 大島 理森 殿 
理学療法士・作業療法士の臨床実習に関する再質問主意書
理学療法士・作業療法士の臨床実習について、平成二十八年三月九日付質問主意書に対する答弁書を踏まえ、以下質問する。
・・・・
二 臨床実習の実態について
 一) 理学療法等学生の臨床実習に関して具体的な内容を明確にしているというが、その内容は医学生や看護学生と比較してきわめて不十分である。また、学生が臨床実習において理学療法等を行うのであれば、「臨床実習検討委員会最終報告」及び「看護基礎教育における技術教育のあり方に関する検討会報告書」のような細かく具体的な指針を作らない限り、患者及び学生に対する安全性の確保は不可能である。厚生労働省も理学療法学生の臨床実習に関する指針はないと認めているが、「臨床実習検討委員会最終報告」及び「看護基礎教育における技術教育のあり方に関する検討会報告書」に相当する指針が必要ではないか。見解を示されたい。

■平成二十八年六月七日受領答弁第三一九号 内閣衆質一九〇第三一九号 平成二十八 年六月七日. 内閣総理大臣 安倍晋三. 衆議院議長 大島理森 殿.
衆議院議員阿部知子君提出理学療法士・作業療法士の臨床実習に関する再質問に対し、別紙答弁書を送付する。
・・・
二の一)について
理学療法士等学生の臨床実習について、「臨床実習検討委員会最終報告」(平成三年五月十三日厚生省公表)や「看護基礎教育における技術教育のあり方に関する検討会報告書」(平成十五年三月十七日厚生労働省公表)に相当する指針を作成することについては、今後、理学療法士等学校養成施設の養成カリキュラム全体の見直しを行う中で検討してまいりたい。

一人の国会議員が政府に対する質問をする。意見を述べる。この行為は、重く、かつ、事態を大きく動かしてゆくものだと認識を新たにした。
OT政治連盟は、わが国の作業療法の歴史や教育、社会的役割、日々の臨床の姿と成果について、日ごろから議員に理解と共感を深めて頂く活動を行っている。信頼関係を築いている。その積み重ねが、重要な課題が発生した時に、議員は率先して政府に質問や意見を述べるにいたる。国民のためにである。  


posted by 日本作業療法士連盟 at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 連盟便り

2017年06月14日

OT協会誌 6月号掲載 連盟便りより【連盟活動に協力するということ-現状の打開】

連盟活動に協力するということ
現状の打開


201705篠原弘康.png

愛媛県責任者 四国ブロック幹事
(株)履継会 代表取締役 訪問看護リハステーション 篠原 弘康 

 
この度、前任の(株)愛媛リハビリ 代表取締役社長 毛利 雅英 氏 から声をかけていただき愛媛県責任者兼四国ブロック幹事を仰せつかり僭越ながらも引き受けることを決めました。正直、どんな組織で何をしていて、なぜ必要なのかわからないことだらけでした。ある先輩に相談すると「なんも変わらんのに、めんどいだけよ。そんな引き受けん方が良いんやないん」と一蹴されました。基本あまのじゃくな私は、それなら引き受けようと決めました。

 愛媛県の作業療法士の現状として私が感じていることが3つあります。
@ 理学療法士の真似をしている作業療法士が多いこと。
A 私たちが今得ている収入源が、基本税金が使われているということを知らず、
  サラリーマンを続けていれば年々給料が上がると思い込んでいること。
B 自分の職域は保護されていると思い込んでいること。

 「沈黙は金、雄弁は銀」という言葉がありあす。しかし、黙っていては自分たちの状況を変えることはできません。今までを否定するわけではありません、今までを活かし行動に移す必要があると思います。それを実現させるためにも連盟の活動は必要なものと感じました。一歩前に出ることが、今の生活を守ることになるものと思います。
 今まで大丈夫だから、これからも安心という保証はなく、愛媛県でも他県同様の取り組みが必要だと感じてもらうことから始める必要があると感じています。私ができることを一つずつ、できるだけ早く取り組みたいと思います。作業療法士という仕事を残す為、作業療法という素晴らしい仕事があることを多くの人に知ってもとともに、同じ考えを持つ仲間を増やしていきます。個人ではできない活動へとつなげるためにも、組織化するための活動を始めようと思います。
最後に、まだまだ若輩ではある私にも後輩たちがいます。若い作業療法士のためにも、率先垂範することが必要であり、継続可能な組織づくりの第一歩を微力ながら取り組んでいきます。

posted by 日本作業療法士連盟 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 連盟便り

2017年06月07日

OT協会誌 5月号掲載 連盟便りより【「県議会議員の方々とコンタクト出来ることを目標に活動していきます」】

「県議会議員の方々とコンタクト出来ることを目標に活動していきます」

日本作業療法士連盟
埼玉県責任者 コ永千尋 201705 .jpg

 皆様こんにちは
 東京から埼玉に移籍して10年になりました。そろそろ埼玉県のための活動を起こしていかなければならない時期にきたかなと感じつつ日々を過ごしておりました。札幌学会の連盟ブースの前で、杉原素子先生にお目にかかりました。そして、お声かけ頂き本日に至ります。
 まだ何も表出できてはいませんが、各地で行われている活動を参考に、かつ埼玉独自の動きを模索しております。
 作業療法士の仕事についての啓発活動や、職業としての認知度向上、作業療法士が社会のニーズに応えていくため、広く人材を確保し、職域拡大、雇用促進、何より「作業療法士になりたい」と思っていただけるために、小中学生、高校生、学校の先生方そして保護者の皆様への活動を継続的に行っていきたいと考えています。
 それには、マイナーな作業だけでは事足りません。政治の世界へのアプローチを強化し、我々の存在,活躍が地域住民の皆様にとって非常に重要であることをお伝えしたく思います。
 自分自身は、学生時代通っていた学院に作業療法士協会事務所があった関係で,様々な協会活動を目の当たりにしてきました。いつも感じていたのは、会員の数、つまり量による力はあまりにも期待出来ず、会員個人のパワーに頼るほかは無く、マイノリティーの悲哀のようなものを感じてきました。東京都作業療法士会を法人化しようとしていた頃も同様でした。
 都職員にけんもほろろのあしらいを受け、どこかの高校の同窓会と同じレベルと酷評されました。我々の職業は国家資格であり、良い職業とは思いつつも、なかなか社会全体に声が届かないもどかしさを痛感しながらも、地道に日常業務からエビデンスを固め、根拠に基づく活動を続けてきた思いがあります。私もまだまだ浅学ながらも、先達としての意識が無い訳ではありません。後進のためにも、出来ることを始めようと思っています。
 平成29年度は、私から県議会議員の方々とコンタクト出来ることを目標に活動していきます。
 日々の暮らし、当たり前の生活が脅かされたとき,個人が、家族が悲しみに暮れたり嘆くことの苦しみから、少しでも解放されるよう心がけている作業療法士であることを誇りに思い業務に邁進していきたいと考えます。
 このような活動は、皆様の支えが無くては困難です。どうぞ連盟の活動をお支え頂き、ご協力を賜りたく存じます。
 どうぞよろしくお願い申し上げます。   
posted by 日本作業療法士連盟 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 連盟便り

OT協会誌 4月号掲載 連盟便りより【作業療法士が政治力をつけるには何が必要か】

作業療法士が政治力をつけるには何が必要か

日本作業療法士連盟 関東・甲信越ブロック幹事 長井 陽海 201704 .jpg

政治とは、社会を正しく整えるために行われる活動である。具体的に言えば、社会が内包する課題や問題に対して、または社会を成熟させるために、効果的な対策(施策)を秩序立てて計画実行するということである。政治を執り行う者は議員であり、議会である。作業療法がいかに価値ある職能であり、有用な社会資源であっても、議員がそれを知らなければ施策に導入されることはほとんどない。作業療法を施策に導入するには、作業療法士自身が議員となり発言するか、議員に作業療法の社会的有用性を理解してもらい、作業療法士の代弁者として発言してもらうかのいずれかである。これを推し進めるのが日本作業療法士連盟であり、各地方で産声を上げ始めた都道府県作業療法士連盟である。作業療法が施策に積極的に導入されることになれば、社会に必要な専門職能として認知され、活躍の機会が増え、身分や給与も保障されることに繋がっていくであろう。
作業療法士が議員になることは可能か。先の参議院選挙では、理学療法士の小川かつみ氏が13万を超える票を得て当選を果たした。その背景では全国の理学療法士が一丸となって結束し、強力に小川氏を後押ししていたことは言うまでもない。作業療法士が国政に出馬するとして、果たして全国8万人の作業療法士が結束し、後押しすることができるのか。設立から7年目を迎えた日本作業療法士連盟の会員数は1000名に満たない。結果は明白である。
 議員が作業療法に理解を示すか。これまでも連盟では意見交換の場を設け、作業療法の社会的有用性を伝えてきた。しかし、議員に押し寄せる陳情の数は非常に多い。その中で議員が耳を傾けるのは、提案する施策の有効性を示す客観的なデータを有し、国民の信用が厚く、訴えの熱意が高く、そして賛同者数が大きい団体の意見である。医療保健福祉分野に明るい議員であれば作業療法士の意見や提案にも耳を傾けるかもしれないが、職種名さえ知らない議員は一顧だにしないであろう。
 結論として、作業療法士の政治力は低いと言わざるを得ない。作業療法士が職業として生き残るためには、作業療法のエビデンスを高め、専門職としてのidentityを確立すると同時に、政治力を養い、作業療法の有用性を自ら訴え、国民と議員の関心を集める必要がある。そのためには、作業療法士の結束力を強め、熱意と数の力を増大させねばならない。まずは、日本作業療法士連盟会員数を増やすこと、そして会員が積極的に連盟活動(政治活動)に関与していくことが求められると考える。
posted by 日本作業療法士連盟 at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 連盟便り

OT協会誌 3月号掲載 連盟便りより【平成29年度 第8回日本作業療法士連盟総会が東京で開催されました】

平成29年度 第8回日本作業療法士連盟総会が東京で開催されました
日本作業療法士連盟 事務局 米永まち子

2月12日(日)東京都台東区に在る日本作業療法士協会事務所10階研修室にて、第8回日本作業療法士連盟総会が開催されました。初回総会以来昨年まで、連盟事務局が在る大阪で行われておりましたが、連盟事務局が2月1日から協会内302号室の移転が実現し、この機に東京での開催となりました。日本作業療法士協会の中村会長・理事の方々をはじめ協会事務局の皆様のご厚意とご協力に心から感謝いたします。TEST.jpg
45名出席の総会に引き続き行われた研修会では「作業療法の発展に向かって共に歩もう」のテーマで中村春基協会長、杉原素子連盟会長との対談がおこなわれ、来賓の山口和之参議院議員、和田勝連盟顧問の助言も交えて、国政に作業療法士を送り出す事が組織としての到達目標であり、実現に向け着々と準備する必要があると実感しました。TEST2.jpg
現在、地方連盟が組織化されているのが7県(大分、山口、北海道、茨城、東京、山梨)となり、各地方で関係議員と関係を築いて活発な活動を行っています。今年新たに、岡山(4月)と沖縄(9月までには)で連盟設立が計画されており、計9県となります。その他の地方でも連盟設立に向けて準備をしています。
市町村単位での地域ケアシステムがスタートし、作業療法士へ熱い視線が集まっており、作業療法を市民に広く知ってもらう絶好の機会が到来しております。市町村からの協力依頼も急増しています。私たちの身分を守り、職域を広げるには政治力の支えが必要です。ただし、政治力は数の力(票数)で動きます。2月現在、連盟会員は841名です。協会員の多くが連盟会員となれば国、都道府県、区市町村の国政、地方行政への関与が現実的になります。協会員の皆様!まずは連盟に入会しましょう。

日本作業療法士連盟 新事務所
〒111-0042 東京都台東区寿1-5-9 盛光伸光ビル302号室
TEL 03-6802-7964 FAX 03-6802-7963
E-mail : info@ot-renmei.jp
HP : http://www.ot-renmei.jp/  ( 当面は現在の大阪事務局でも対応いたします。)

posted by 日本作業療法士連盟 at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 連盟便り

2017年02月21日

OT協会誌 2月号掲載 連盟便りより【日本OT連盟と一緒に考えたいこと、行いたいこと、期待すること】

日本OT連盟と一緒に考えたいこと、行いたいこと、期待すること

日本作業療法士連盟 千葉県責任者
                                 yokoyamaH29.2.jpg横山 誠治
(介護老人保健施設ハートケア市川)

 はじめまして。私は千葉県作業療法士会の横山誠治と申します。普段は千葉県市川市にある介護老人保健施設ハートケア市川に所属し、入所・通所・訪問リハビリと地域支援に携わっております。
 今、少子高齢化・人口減少の問題や地域包括ケアシステムの構築といった課題に日本は直面しています。その中で現場にいると、いろいろと感じること、思うことがあります。たとえば、
@ 介護保険からの卒業を勧められているが、実は地域に卒業する先がなかったりする。また卒業を増やすと施
設稼働率が低下してしまい、その施設がつぶれかねないため、うまく進められない状況がある。
A 活動と参加のリハビリに期待・注目されているが、それが先行しすぎてしまい、ご本人のリスクや基本ベースが軽視されたりしていないか。またご本人がセラピストに合わせてしまうなど、ご本人の本当のニーズを抑えていないような逆転現象が生じていないか。
B SPDCAサイクルが導入されたのはいいが、書類や調整などの間接業務が次々増えて業務を圧迫してしまっている。ご本人と一緒に行いたいと思う直接業務に専念できていない現状が生まれていないか。そこに人手不足が輪をかけ、現場の専門職が次々に疲弊していっていないか。
これらは他の現場のOTの方も、他職種の方も、対象者の方も実は共有していることなのではないでしょうか?
今回、日本作業療法士連盟の事務所が移転し、日本作業療法士協会と同じ建物内にあるようになったことは、大変喜ばしいことと思います。これをきっかけに2つの組織がより密に連携していく事を望みます。作業療法士の将来を考え主張していくことはもちろん大事なのですが、それだけではなく、現場の作業療法士やそのリハビリを受けている対象者・地域住民の方々が何に困り、何に悩み、本当は何を望んでいるかをぜひ一緒に届けてほしいと思います。地域に住む一人一人の方のニーズなしに私たちは存在できません。そして私達も地域の中で少しずつ考え、実践していきます。お互い手を取って協働していきましょう。今後ともよろしくお願いします。
posted by 日本作業療法士連盟 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 連盟便り

2017年02月17日

OT協会誌1月号掲載 連盟便りより【新しい年を迎え、協会とともに歩む】

 新しい年を迎え、協会とともに歩む
                        日本作業療法士連盟会長 杉原素子HP杉原会長 お写真.jpg

 明けましておめでとうございます。皆様には、平成29年のお正月を、ご家族とともに、穏やかに迎えられたこととお慶び申し上げます。今年は、皆様にとって実り多い年になりますようお祈り申し上げます。
 さて、昨年末にお伝えしましたように、平成29年2月に日本作業療法士連盟の事務所が、長いことお世話になった大阪府藤井寺市から、一般社団法人 日本作業療法士協会事務所内の1室をお借りし、東京都台東区寿町に移転することになりました。このことは、連盟が会員の皆様にお伝えしてきた「日本作業療法士連盟は、日本作業療法士協会と両輪になって、日本の作業療法の発展に貢献する」に向かって、一歩進むことができたと思っています。ここに至るまで、日本作業療法士協会会長をはじめとする協会理事の方々のご尽力に感謝申し上げます。
 昨年の11月29日に「リハビリテーションを考える議員連盟」の集まりが開かれ、日本理学療法士協会長、日本作業療法士協会長、日本言語聴覚士協会長及び日本理学療法士協会・連盟役員、日本作業療法士協会・連盟役員と衆議院議員・参議院議員の方々との「理学療法士及び作業療法士法」の見直し等に関わる意見交換が行われました。厚生労働大臣政務官、厚生労働省医政局医事課長も同席されていました。見直しの一つとして「医師の指示の下」の業務範囲が話題になりました。「理学療法士及び作業療法士法」から約30年後に施行された「言語聴覚士法」における「医師の指示の下」の文言が、特定の業務に限定される表現になったことから、これまで理学療法士及び作業療法士の業務全体を覆っていた「医師の指示の下」が、「言語聴覚士法」と同様に、医行為の範囲に限定するようになれば、地域リハビリテーションの場で介護予防・健康維持支援に関する業務に就くリハビリテーション専門職は「医師の指示の下」の文言から解放されると考えます。作業療法士の業務に役立つ活動を行う意味が、協会と共に再確認でき、また共有できた集まりでした。
 今年も、一人でも多くの協会員が、連盟会員になっていただけることを願っております。
posted by 日本作業療法士連盟 at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 連盟便り

2017年01月20日

OT協会誌 12月号掲載 連盟便り【政治行政へも関心を】

政治行政へも関心を
                日本作業療法士連盟  群馬県責任者  唐澤一男IMG_kasarawa.jpg

本連盟とは設立時から責任者として関わらせてもらっておりますが、現在までまだ十分な活動ができているとは申せません。そんな折、原稿依頼をされたため、あまり内容的には整わないかもしれませんが、思いつくままに筆を執りました。
急速な高齢化の問題や国際関係の問題等が大きくのしかかってきている現在、国でもいろいろな政策を打ち出してきています。マスコミ報道でもご存じと思いますが,先の参議院選挙の結果、与党の議席増により、数の力による強行採決で最後は国会審議を押し切ろうとしているようです。
日本は民主主義国家であり、法治国家です。何かを行うにしても国会にて審議し決定していきます。その審議をするのが間接民主制のため国会議員であり、国民の選挙によって選ばれます。国民の声をそこに反映させていくには投票によって意思表示をしなければなりません。しかし現実には投票率が少しずつ低下しつつあるようなので残念です。
以前は職場でも、選挙区の決起集会とか、選挙区外の候補者の応援に動員とか、またあるときは区域を割り当てられ個別に訪問したこともありました。そういったこと等であまり選挙活動は好きではなかったのですが、毎回棄権だけはしませんでした。
今回、先の参議院選挙では(公)日本理学療法士会より小川克巳氏が当選し、またその前の参議院選では山口和之氏が参議院議員に当選し活躍しております。余談ですが、その小川氏ですが私の1期上の先輩になります。活躍を期待したいです。
他団体のように私たちの声を国政に反映させていくためには自分たちの団体から議員を出していく必要があります。本県では先の参議院選挙で作業療法士の堀越啓仁氏が民進党推薦にて立候補しましたが、今一歩というところで当選には至りませんでした。
彼のような候補者も出ている本県です。連盟としての役割を担えるように頑張っていきたいと思います。



posted by 日本作業療法士連盟 at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 連盟便り