2016年06月16日

OT協会誌6月号掲載 連盟便りより 「静岡県で作業療法士連盟を設立準備中です」

「 静岡県で作業療法士連盟を設立準備中です 」 
                            静岡県責任者   熊谷範夫 
kumagaikanji.jpg

このたび、静岡県作業療法連盟の立ち上げのために動き始めました。まずは、連盟とは何かを県内の作業療法士に周知するための機会を増やしていきます。
連盟とは何か?の問いに答えることは、さほど難しいことではないはずです。    作業療法士の思いを議会や行政に届けてもらうために、議員やその候補者と関わり、活動することを目的とした団体です。もちろん選挙の応援や投票活動も重要な活動です。
ところが、政治家とかかわることや政治活動をする団体として、県士会員の参加を求めていくと、多くの会員が及び腰になります。はっきりと拒絶する会員もいます。
もちろん連盟に参加することは自由ですので、いろいろな意見があって当然なのですが、なぜ参加することが嫌なのか、その問いかけに対しては明確な理由がない場合が多いのです。
  「政治家と関わるのは胡散臭い人が多い。どうせ、自分がいい思いをしたいから活動しているのでしょう」などという意見に対しては、はっきりと意見を述べて、議論することもできます。
しかし、「政治家はなんだか嫌だから」 「とにかく、関わりたくない」「まったく興味ない」「やりたい人だけでやればよい」 このような意見とは、向き合っていく難しさを感じますが、わかる気もします。
政治や行政は権力や利権という言葉とつながり、頻繁にニュースにもなります。
多くの報道は権力と利権が生み出す金がらみのニュース。政治不信という言葉もよく目にします。そういった事から離れていたい気持ちもあるのでしょう。
しかし、現実に世の中を動かす大きな仕組みがあり、その仕組みの中に作業療法士も存在します。その仕組みを作り調整する役割が政治である以上、しっかり政治と向き合ってもらいたいのです。「なんだか嫌」からなんで嫌なのかを、をはっきりさせる機会も作りながら、連盟はなによりも会員と向き合わねばならないと思っております。
posted by 日本作業療法士連盟 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 連盟便り