2018年05月23日

OT協会誌2018年05月号掲載 連盟便りより【私の政治活動】

私の政治活動

介護老人保健施設せんだんの丘 土井勝幸
(連盟 宮城県責任者)


201805_連盟便り_土井氏画像.jpg
会員の皆さんの中には未だに政治活動を懐疑的にとらえている方も多いと思います。
昨今の政治家に絡んだ不祥事や忖度?等による、政治が迷走している状況からも、余計に距離を置きたくなる、目を背けたくなる気持ちも理解できます。
一方で、皆さんの身近にいる市町村議員の方々はどうでしょうか?
私は宮城県において介護保険審議会や人権擁護委員会の委員をしていることもあり、身近で議員の方々と意見交換をする機会が多くあります。真摯に意見を受け止め、市政(仙台市)にどう反映できるのか、あるべき政策とは何かを考え、私たちの代弁者となって議会等で発言をしていただくこともあります。同じように、他の議員の方が別の視点から反する発言をされることもあると思いますが、大切なことは様々な声が公の場にでることです。私自身も自分の利害のために、意見交換をしているわけではなく、自分や職員、支援を受けている方々の暮らしが豊かになるために必要だと思うことをお伝えしています。
その繰り返しを身近な環境で丁寧に行うことが私の政治活動であると思っています。
でも、議員の方々も同じ人間です。政治的力はあるけれど近寄りがたい人もいれば、まれに嫌悪感すら覚える議員の方もいますが、その方もまた選挙で選ばれている人達です。
 私たちの声を届けるためにも、私たちの声に耳を傾け、一緒に考えてくれる方々を見つけてください。作業療法士の仕事を本当の意味で国民に理解いただくためには、私たちの不断の努力は当然ですが、同時に制度という仕組みに落とし込むことが必要です。私は時間の枠に縛られている今の仕組み“時間を切り売りする作業療法”から脱却し、必要な時に、必要な人に、必要なだけ支援する仕組みづくりのために、これからも政治活動を続けます。
 その一つの選択肢として、協会があり政治連盟があると理解しています。一人一人の活動と仲間が一つになる力を信じましょう。

posted by 日本作業療法士連盟 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | その他