2017年11月14日

OT協会誌2017年11月号掲載 連盟便りより【東京学会開催 新入会は7名】

東京学会開催 新入会は7名 
                     日本作業療法士連盟事務局 米永まち子 
第51回日本作業療法学会が9月22日から24日まで東京で開催されました。
日本作業療法士連盟は学会会場≂東京国際フォーラム≂ガラス棟 地下1階の学会受付横、
日本作業療法士協会事務局受付の隣のブースでした。(昨年の札幌学会から協会事務局の隣に連盟ブースを設置しています。)約5000人の参加との事で開催初日の朝は学会受付では参加手続きをする若いOTで溢れていました。あまりの人の多さで連盟受付は会員の目には入らないようでした。連盟県責任者の方々が次々にブースに立ち寄り、連盟パンフレット配布と入会の声掛けして下さったお陰で、7名の新入会がありました。「以前から連盟が気になっていました」「政治活動は大事です」との声は活動をしている事務局にとっては大変心強い、嬉しい言葉です。
中村春基協会長と杉原素子連盟会長が握手し、共に「OTの未来のために」のキャッチフレーズが書かれた「顔出し看板」は、文字通り連盟のPR看板となりました。
20170923_第51回学会受付2011連盟ニュース01.jpg





地方では既に9つの連盟が活動をしております(大分、北海道、山口、茨城、大阪、東京、山梨、静岡、岡山)。今後、沖縄・熊本・広島・愛媛県で立ち上げの動きがあります。
地域の中堅OTは政治活動の重要性を感じ、地方議員とのネットワークを構築しております。地域でのOTが注目される中、活動する若いOTの身分や地位をしっかり確立するには、やはり政治家の力添えや協力が不可欠です。政治家が動くのは「組織の票数」によってです。OT連盟会員はまだわずか840名、あまりに少な過ぎます。協会員が連盟の会員になれます。56,802人の協会員が連盟会員になれば、政治家はOTの要望に力を貸します。
PTからはすでに2名の国会議員(小川克己氏・山口和之氏)が活躍しております。OTから国会議員を出しましょう。政治はあなたの生活の問題です。政治に関心を持ち、「OTのよりよい未来が開かれるよう」協会とも一体となって一緒に進めていきましょう。
まずは選挙には必ず行きましょう。あなたが出来ることの第1歩です。

<お知らせ>
次期連盟総会 開催
次回連盟総会は平成30年3月11日(日)東京の日本作業療法士協会ビル10階研修会場

大分県OT連盟と共催の研修会 開催
 平成29年12月17日(日)9時50分〜12時 「医療介護制度改革 国から地域へ」
大分大学 旦野原キャンパス第2大講義室にて 
講師 小川克巳参議院議員 
コメンテーター 杉原素子日本作業療法士連盟会長 
コーディネーター 荒木良夫大分県連盟会長 
問い合わせ先 藤華医療技術専門学校 鳥越克志 TEL 0974-22-3800
posted by 日本作業療法士連盟 at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 連盟便り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181571201
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック